Wechat Labとは

Wechat-labは、Wechat(微信)を使って中国市場を攻めたい、または訪日した中国人旅行者に向けて、
集客と売上を上げたいという日系企業をお手伝いするべく、Wechat(微信)の専門開発サイトとして、
運営を開始しました。

Wechat-labの名前の由来は、Wechat(微信)を日々研究し、お客様へ最新情報をご提供し、
いつまでもチヤレンジ精神を忘れない、探究心ある場所であり続けるために、
「Lab=研究所」というサイト名を付けています。

日本人に馴染が薄いWechat(微信)ですが、中国本土では一番利用されるSNSツール。
登録者数は5億人から6億人、決済ユーザー数は4億人を越えると言われています。

Wechat(微信)は一般的には個人コミュニケーションツールとお考えになる日系企業も多いですが、
QRコードを活用した支払い機能の充実、各ソフトウェアとの連動、ハード機器との連動が進み、
近年は個人コミュニケーションツールの殻を破り、個人と企業、個人とハード機器を繋げる、
中国ビジネスで欠かすことの出来ないインフラツールとして急成長をしております。

実際に中国国内では、EMSなどの物流会社での支払い・トレース管理との連携、
医療機関での診断予約、コンビニはスーパーでの支払い、空港でのフライト状況確認など、
利用目的は多岐に渡っています。
※開発の詳細事例については、コチラを御覧ください。

Wecaht-Labは日系企業様がWechat(微信)を活用し、中国人消費者を一人でも多く獲得できるよう、
日本国内での導入、中国国内での導入の対応を行いサポートを行うべく、
公式アカウントの立ち上げ代行の支援・アカウント開発の提案・開発導入・保守を対応しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…