7億人が利用するアプリWechat(微信)の機能を大公開

Wechat-Labでご紹介しています「Wechat:ウィーチャット(微信:ウェイシン)」
一般的に「中国版LINE」という括り方での紹介が多いのですが、
ココだけの話、実際はちょっと異なる部分も存在します。

以前も「中国人が手放せない!Wechat(微信)の基本機能を紹介」でご紹介していましたが、
「Wechat(微信)」のユーザーが利用している機能について、
更に深く掘り下げてご紹介をしてみたいと思います。

中国人は多機能がお好き!?Wechatは有名SNSの集合体!

Wechat(微信)の基本機能である「チャット機能」からご紹介。
LINEでもお馴染みの機能ですが、テキストを送信して会話を楽しむだけではなく、
音声やビデオ動画での会話も可能です。

またテキスト会話のみでは味気ない会話の場合は「ステッカー」と呼ばれる、
LINEの「スタンプ」と同じような画像を送り会話を華やかに盛り立てます。

マンツーマンでの会話以外に、友人を集めてグループを作成し、
一斉にメッセージ配信をして会話をすることも可能、
チャット機能については基本的にLINEとほぼ同じと思っていいでしょう。

またフォロアー登録した公式アカウントからは、
定期的に興味関心がある記事の受信やアカウントから商品購入などすることができます。
この公式アカウントの記事受信機能は、日本でいうメルマガに近い機能です。

次に「モーメンツ」と呼ばれる記事投稿機能があります。
ここの部分は自分が友人に教えたい出来事を書き込むエリア。

テキストだけの投稿、画像や動画だけの投稿、
テキストに画像や動画を組み合わせた投稿など、投稿の種類も数多く準備されています。

この部分の機能は、日本人にお馴染みのフェイスブックやツイッター、
インスタグラム、ヴァインなど、人気SNSの機能が融合していると思えば、
イメージが分かり易いのではないでしょうか。
7億人が利用するアプリWechat(微信)の機能を大公開011

電子マネー決済で更に利便性がアップしたWechat(微信)

現在ユーザーが最も便利と思っている機能が、「マイウォレット」と呼ばれる、
電子マネーでの決済機能。

コンビニやレストランでの決済、ECサイトでの支払い、
公共料金の支払い、友人同士の現金振り替え、チケット購入などなど、
現在生活とは切り離せない機能となっています。

どうして現金ではなく電子マネーを中国人が喜ぶのか?
日本で導入するメリットと同じように財布の中の小銭が増えずにすむ点、
スピーディーに決済ができる点、ATMから現金引き出しが要らない点。
また中国独自の生活背景として、偽札を気にせず決済ができる点なども関係しています。
7億人が利用するアプリWechat(微信)の機能を大公開021

中国独自文化を反映した紅包などその他機能

中国で開発されたアプリケションということもあり、
中国独自の生活文化である、「紅包(ラッキーマネー)」という文化を
Wechatには機能搭載をしています。

新年のお祝い(お年玉)、何か友人に頼んだ際など、
ちょっとした心付けとして現金で贈る中国の文化風習である部分を、
デジタル化している機能となります。

これ以外にも携帯を振る「シェイク」でアクティビティ発動や
周辺ユーザーとの出会いを行なう機能、QRコードスキャン機能、
ゲーム、会員カード機能、クーポン機能など盛り沢山の機能が、
Wechat(微信)には準備されているのです。
7億人が利用するアプリWechat(微信)の機能を大公開031

中国人が離さないWechatの基本機能のおさらい

チャット機能は、LINEと同等機能

モーメンツ(投稿)は、テキスト・動画・画像など選択して投稿が可能。
Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、
Instagram(インスタグラム)、Vine (ヴァイン)の融合版。

紅包機能、シェイク機能、友人出会い機能、
各種サービスに対しての支払い機能などを搭載している。

また今回ご紹介した機能はユーザー側に公開されている基本機能となります。
Wechat-Labでご紹介している各種機能は今回紹介した機能とは異なり、
公式アカウント側の機能を元に、Wechatユーザーをターゲットとした開発機能となります。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…