Wechat(微信)公式アカウント登録時の注意点

Wecaht(微信)の公式アカウントを申請登録するにあたり、
注意すべき制限事項があります。

現在、公式アカウントを申し込む際には、以下のような制限が設けられています。
申請時に登録するメールアドレス1つに対し、1つの公式アカウントが登録可能。
申請時に登録する携帯番号1つに対し、5つの公式アカウントが登録可能。
申請時に登録する一人の身分証に対し、5つの公式アカウントが登録可能。
1社の法人に対し50の公式アカウントが登録可能。(中国法人のみ)

個人で公式アカウント登録の場合、個人=一人の扱いになり、
「購読アカウント」を5つまで登録することが可能となります。
またメールアドレスは5つ準備しておく必要があります。

法人で公式アカウント登録の場合、10名分の身分証と各人の携帯番号の準備が出来れば、
1社について50つの公式アカウントを登録することが可能となります。
またメールアドレスは50つ準備しておく必要があります。

この制限数を越えますと登録ができなくなるので、
複数アカウントの登録を検討している場合は注意すべきポイントとなります。

Wechat(微信)公式アカウント登録時の注意点

公式アカウントを違うアカウントへ鞍替えはできるのか?

一旦登録した公式アカウントを別の公式アカウントへ変更はできません。

例えば一旦「購読アカウント」を取得して、
希望する機能が「サービスアカウント」にしかなかった場合、
「購読アカウント」から「サービスアカウント」への変更はできません。

これは各公式アカウントで利用可能な機能が異なるためです。
再度「サービスアカウント」を新規申請する必要があります。

その場合は上記の登録条件が関係し、登録制限数が減るので、
事前に機能面について「Wechatの各種公式アカウントのご紹介」等を参考に、
検討準備を行なう必要があります。

公式アカウントのその他記事はコチラをご覧ください

Wechat(微信)公式アカウント申請準備の基礎知識
Wechat(微信)各種公式アカウントの主な機能をご紹介

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…