本場中国のWecaht(微信)集客キャンペーン事情

中国本土で拡大成長を続ける微信決済ビジネス。
現金決済よりも微信電子マネー決済が便利な面も数多いのですが、
更にお値打ち感、利用メリットを消費者に認知してもらう為に、
微信決済を導入している加盟店を中心に、定期的なキャンペーン活動を行っています。

このキャンペーンを通じて消費者の集客と、
現金決済から微信電子マネー決済への移行を進めているのです。
今回は本場中国の集客キャンペーン事情をご紹介したいと思います。

集客キャンペーンの基本モデルの紹介

集客キャンペーンの基本モデルは大きく分けて2つ。
精算時にある条件を満たすと電子マネーやクーポンを獲得するキャンペーン、
もう一つはスキャンやシェイクを行なうとクーポンを獲得するキャンペーン、
この2つのモデルに分けることができます(16年6月時点)。

本場中国のWecaht(微信)集客キャンペーン事情01

更に細かくキャンペーン内容を分類すると、決済額に対して割引を行なうキャンペーン、
決済額とは別に電子マネーや、割引クーポンを獲得するキャンペーンに分けることができます。

例えばある店舗で30元の品を注文して、
微信で決済を行うと決済額30元を越えると5元などの割引を受けられる。
また決済完了後に次回から使える5元の割引クーポンを獲得する、
このようなキャンペーン活動を行っています。

また獲得する電子マネーやクーポンについては、
固定額や変動額などキャンペーンによって金額の設定、
キャンペーン実施日の指定を行うことも可能です。

その為、ある指定されたキャンペーン期間中に、
店舗で微信決済を行うと5元から100元までランダムな金額を還元する、
毎週火曜日にはドリンク関連を注文すると割引など、
曜日別に異なるキャンペーン活動を実施しています。

本場中国のWecaht(微信)集客キャンペーン事情02

現金決済よりも微信決済が便利でお得でメリットが高い、
その点を浸透させるためにも、中国では定期的に多くの企業が協賛し、
微信のユーザーへのキャンペーン活動を実施しています。

日本でも認知度がある協賛企業は、バーガーキング、吉野家、コスタカフェなどが協賛、
中国系や台湾系企業も合わせると23万店舗でキャンペーンを実施しています。

本場中国のWecaht(微信)集客キャンペーン事情03

本場中国のWecaht(微信)集客キャンペーン事情03

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…