24時間カスタマーサービスを実現!微信自動返信機能

24時間一言も文句も言わずに、じっと真面目に働くスタッフが居てくれたら・・・。
そんな夢のようなスタッフが微信(Wechat)の公式アカウントを導入すると、
手に入れる事が可能です。

微信(Wechat)の機能には「自動返信機能」という、
決められたテキストや音源を公式アカウントのフォロアーに対して、
24時間返信するサービスが存在しています。

活用次第で非常に便利な自動配信機能についてご紹介します。

自動配信機能でフォロアーに何を提供するのか。

自動返信機能があったとしても、何に活用すればいいのか。
またフォロアーに対して何を提供すればいいのか、分からない点もあると思います。

例えば、日本ではカスタマーサービスセンターへ電話をすると、
自動音声案内に従って数字を入力していき、数字を入力した後に、
自分が聞きたい案内先の担当へ電話が繋がると思います。
正に微信の自動返信機能はこの電話案内機能の微信版と思って下さい。

自動返信機能は所定のテキストに対して返信をするので、
「クレーム」、「商品説明」、「その他」などフォロアーに入力させたいテキストを準備、
またはこのテキストは「1」、「2」、「9」など数字入力など省略した形にすることも可能です。
フォロアーの入力の煩雑さを考えると数字入力を利用している企業もあります。

そしてフォロアーが入力したテキストに対して、返信回答を行う文面を準備。
準備されたテキストと文面を微信公式アカウント内に設定。
これで24時間フォロアーに対して自動回答機能が完成です。
24時間カスタマーサービスを実現!微信自動返信機能02

チョットしたアイデアで自動返信機能の利用方法は無限大

この自動返信機能にチョットしたアイデアを付け足してみると、
多種多様なビジネスシーンで利用することが可能です。

他店舗展開しているチェーン店舗様の場合、
中国の省の名前を入力すると、入力された省で運営している、
店舗の情報を表示することが可能です。

ショッピングモールや百貨店を運営している企業様の場合は、
フロア階数を入力すると、各階のテナント情報を表示することが可能です。
どの階にどんなテナントがあるのか、スマホ内で判明します。

レストランを運営している企業様の場合は、
メニューという単語を表示すれば、メニュー一覧を表示する事が可能です。
また商品名を入力すれば、更に詳細な商品情報の表示もできます。

この自動返信機能はテキスト返信以外にも、音源での返信が可能です。
そのため、歌手の公式サイトとして活用して、歌手が唄う楽曲名を入力すると、
一部切りだされた楽曲が音源で表示され曲の一部を聞くことができます。

聞いて気に入った曲があれば、公式アカウントと連動させた、
ECサイトで楽曲を購入するなどの対応も可能となるのです。

24時間カスタマーサービスを実現!微信自動返信機能

微信の自動返信機能のまとめ

数字や定形テキストを入力すると、準備された返事を自動でユーザーに返信ができる。
返信する内容はテキスト以外にも音声などの違うメディアも対応が可能。
カスタマーサービス以外にも、アイデア次第でエリアで運営している店舗情報の紹介、
百貨店案内、レストランメニュー紹介、楽曲サンプルの紹介などが可能となります。

届けたい情報は企業様の業界別でそれぞれあると思います。
こんな情報が発信できるのかな?と、疑問点があった時はご相談下さい。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…