海外旅行客を狙え。免税取扱店を微信マップでアナウンス

微信で地方活性化。中国人旅行客向け観光ガイド開発ご提案」で、観光ガイド機能をご紹介しましたが、
今回は「免税対象品取り扱い店舗」をマップ上でアナウンスする機能アプリ開発のご紹介です。

長崎県や岡山県などで「免税手続き一括カウンター」というサービスを開始させています。
これは免税対象品を取り扱う各店舗で必要だった免税対象品の免税手続きを、
所定カウンターに行くと免税手続きを一回で済ませることができるサービス。

訪日観光客からすると面倒だった各店舗での免税手続きが一回で行なう事ができ、
利便性がアップするサービスなのですが、訪日観光客が店舗を訪れる前に
このサービスを知っておくこと、何処の店舗が免税対象品を取り扱っている店舗で、
一括カウンター対象店舗なのかが分かれば、計画的にショッピングが出来るので利便性も向上し、
利用ユーザーが増えれば更なる売上アップも期待ができるのではないでしょうか。

中国人団体旅行客はクルーズ船や春秋航空などの格安航空会社(LCC)の就航増便に伴い、
長崎や岡山など各地方都市への来訪が年々多くなっています。

長崎の場合、クルーズ船で訪れる中国人を含める外国人は、2015年は131隻の見込み。
そのクルーズ船は1隻辺り2,000人近くが乗船していると言われ、大半が中国出航のクルーズ船。
爆買い予備軍と言っても良い購買意欲が高い中国人が乗り込んでいるのです。

爆買い予備軍の中国人へ有効なWechat免税店マップの機能とは

そんな彼らへのアプローチ方法として、まずはクルーズ船が着岸した際に、
WechatのQRが印刷されたパンフレットを配布、街中にノボリでWechatの存在を紹介します。

パンフレットをスキャンすると、免税品扱い店舗を紹介する公式アカウントが表示。
アカウント内には、対象店舗の扱い品の説明や一括カウンターの情報も公開。
免税対象の最低額の紹介や購入先が一括カウンターの対象店舗なのか等、
購入時の注意点なども紹介するようにします。
海外旅行客を狙え。免税取扱店を微信マップでアナウンス01

旅行客はこれらを見れば、お目当ての品を扱う店舗が一目瞭然にわかりますし、
各店舗側は旅行客へアナウンスを行なう面倒や手間、言葉の壁も軽減することができます。

対象店舗の情報は地図で表示が可能です。
例えば、赤い矢印で表示される店舗は一括カウンター対象店舗、
青い矢印で表示される店舗は一括カウンター対象外店舗、
緑の矢印で表示される店舗は一括カウンターの場所などの表示方法が可能です。

それぞれの矢印をタップすれば、更に詳細な店舗情報表示を行い、
タップされた店舗の概要写真・名前・住所・主な商品などを表示。
旅行客のサポートを行うことができます。

また免税品以外のレストラン情報も同じく矢印表示など追加も可能です。
海外旅行客を狙え。免税取扱店を微信マップでアナウンス02

チラシやWebサイトで中国語表記のサイトを準備している自治体も多いですが、
チラシはその場限りの役目でしかなく、中国に住む新規の見込み客への波及は難しいですし、
中国語表記のWebサイトを公開しても中国人がネットで検索でヒットしなければ、
見ることができないため、中々有効な活用ツールとはいえません。

利用価値の高い公式アカウントの存在が分かれば、
利用中のユーザーは友人にWechatのモーメンツ機能で共有を行い、
旅行予備軍の友人は事前に情報収集としてこの公式アカウントの利用を始めます。

公式アカウントは開設することも大切ですが、有益な情報源である事を、
Wechatユーザーに認知させてフォロアーを増やして、友人知人に拡散してもらうことが重要です。
そのため、開発事例のように『有効価値の高い情報を発信しているアカウント』であると、
理解をしてもらうことが必要です。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…