Wechatポイントラリーでデパート複数店巡りを楽しく実現

中国人観光客に自社系列店舗を一つでも多く回って囲い込みをしたい。
そんな考えを持たれる企業様も多いかと思います。

そんな時は「WeChatポイントラリー」の機能を使って、各店舗を楽しく巡ってもらうのはどうでしょうか。
ポイントが貯まれば景品と交換も出来ますし、店舗めぐりの導線作りに一役たちます。

各店舗同時主催!ポイントラリー機能

店舗側の準備としてポイントラリーを行うにあたって、各店舗にQRコードを設置します。
このQRコードには各店舗の情報が含まれていて、
QRコードをスキャンすると貴社の公式アカウントと連動します。

ポイントラリー参加者は店舗設置のQRコードをスキャン。スキャンして公式アカウントをフォロー。
フォロー後はポイントラリー機能を登録すると、ポイントがスマホに獲得することが可能です。

また公式アカウント内には各店舗の情報を表示。
住所、地図の情報を表示させる事ができるので、紙媒体などを使ってポイントラリー参加者に、
他の店舗情報についてアナウンスなどを行う必要は基本的に無く、スマホで完結することが可能です。

Wechatポイントラリーでデパート複数店巡りを楽しく実現01

獲得したポイントと景品を交換。日本の思い出つくりに

各店舗を巡ってもらいポイントを獲得した後は、
各店舗に設置された景品交換所にて商品と交換を行います。

ポイントラリー参加者は景品交換所で獲得ポイントを提示。
景品交換所スタッフは獲得ポイントを確認後、
ポイントに合う景品を参加者に手渡し、参加者のスマホのQRを店舗側の端末でスキャン。
店舗側スキャンを行うと参加者のポイントはその時点で消去される仕組みとなります。

景品交換所などは各店舗内にある免税処理を行う場所などを利用すると、
免税返金処理のついでに景品交換もできて、参加者の移動も少なく済みます。

また景品にデパートロゴや公式アカウントのQRをシールで貼り付けて置くと、
帰国後に景品を見た友人などがQRをスキャンし、フォロアーが増える可能性もあります。

Wechatポイントラリーでデパート複数店巡りを楽しく実現02

決済機能やクーポン機能などもありますが、
店舗へ確実に訪問してもらい訪問者の囲い込みを行いたいと思っている、
企業様向けのポイントラリー機能。

参会者のスキャンした情報があれば、各店舗の訪問数の情報管理にも使え、
どの店舗へ訪問客があったのかをデータで見ることも可能です。

参加者に喜ばれ、データ分析にも活用できるポイントラリー機能、
導入してみてはどうでしょうか。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…