微信(Wechat)アプリでチケット予約と決済機能

上海では外資系の大型リゾート施設の開園を控え、
TVやネットではCMが開始されています。

既に集客のための準備が着々と進んでいるのですが、
開園に併せて微信(Wechat)公式アカウントも開設。
園内に関する記事配信や、チケット予約サービスを展開中です。

ポイントは公式アカウントからチケット予約システムに連動。
必要な情報を入力して、電子マネーで決済完了できる点。

決済後に予約番号などが通知されるので、当日窓口で番号を通知し入園、
または引き換え窓口で番号を通知してチケットと引き換えが可能となります。

今回は公式アカウントを活用したチケット購入の操作を紹介。
中国国内でチケット販売や商品販売を検討している企業に対して、
同様のシステム構築が可能です。
微信(Wechat)アプリでチケット予約と決済機能01

公式アカウントのメニューから購入ページへ

公式アカウントと支払いの連動を行なう場合、
まず公式アカウントの下部のメニューをタップします。

メニューをタップすると、「チケット購入」という子メニューが表示されます。
表示された子メニューをタップすると、チケット購入画面に移動します。

チケット購入は、まず予定日を指定。
入園人数が限定されている場合、週末など人気の日付は、
売り切れを含めて購入可能の可否が表示されます。

日付選択後は元の画面に戻って、対象の入場者数を決定、
大人チケットを何枚、子供チケットを何枚と数量を入力します。

もし一度に購入できる枚数を設定したい場合は、
設定枚数を越えた入力時はエラーを表示することが可能です。
入力が完了したら、あとは支払いです。

支払い時は、身分証明番号を入力し(中国の場合は身分証番号が一般的)
支払い確定をタップすると、Wecahtのマイウォレットへ接続され、
支払いパスワードを入力して決済が完了。決済後に購入情報がWechat側に通知されます。

この情報が引き換え情報となり、所定の窓口で実際のチケットとの引き換え、
または実際の入園日にそのまま向い入園時に購入情報を確認して、
入園することが可能です。
微信(Wechat)アプリでチケット予約と決済機能02

Wechatを利用する事で、今までパソコンで購入していたチケットが、
手軽にスマートフォンで予定指定、購入、決済が全て一貫して可能となり、
購入情報もWecaht内で管理されるため、チケット購入がより簡便化されます。

併せて購入時には公式アカウントのフォロアーになる必要があるので、
定期的に園内情報やキャンペン情報などの記事情報の配信が可能です。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…