Wechat(微信)各種公式アカウントの主な機能をご紹介

Wechatには三種類の公式アカウントが準備されており、
それぞれ「購読アカウント」、「サービスアカウント」、「企業アカウント」と呼ばれ、
申請後に利用することができます。

各アカウント概要は「Wechatの各種公式アカウントのご紹介」にてご紹介しましたが、
アカウント別に使える機能がそれぞれ異なっています。
そのためアカウント申請を行う場合、どのような機能を利用したいのかを、
念頭に置いた上で申請準備を行う必要があります。

「購読アカウント(訂閲号:订阅号)」

フォロアーに対して一日1回の情報発信をすることができます。
メッセージはフォロアーの通常チャットメッセージ一覧に受信されず、
「購読アカウント」フォルダー内にメッセージが届く仕組みになっています。

初期状態の場合は、購読アカウントの画面にはメニューボタンから、
外部サイトへのリンクは出来ません。別途、外部リンクができるよう申請が必要となります。
また他のアカウントと異なり、Wechat決済(微信支付)は機能対象外となります。
Wechat購読カウントの説明

「サービスアカウント(服務号:服务号)」

フォロアーに対して一ヶ月に4回の情報発信をすることができます。
メッセージはフォロアーの通常チャットメッセージ一覧に受信される仕組みです。

初期状態でサービスアカウントの画面のメニューボタンから、
外部サイトへリンクを張る事ができます。

フォロアーは利用を希望する任意のWechatユーザーが登録でき、
Wechat決済(微信支付)を使った決済業務のサービスを行なうことができます。

Wechatサービスアカウントの説明

「企業アカウント(企業号:企业号)」

フォロアーに対してメッセージ送信制限は厳密には毎分当たり200回となっており、
事実上、無制限と言ってもよいでしょう。

受信されたメッセージは他者へ転送・共有が基本的には可能ですが、
メッセージに暗号化がされている場合、他者への転送・共有は出来ません。

フォロアーは企業アカウント内に設定された、特定メンバーのみが利用することが可能です。
Wechat決済(微信支付)を使った決済業務のサービスを行なうことができます。
Wechat企業アカウントの説明

各公式アカウントの比較一覧

Wechat各公式アカウントの比較一覧

公式アカウントのその他記事はコチラをご覧ください

Wechatの各種公式アカウントのご紹介
Wechat(微信)公式アカウント申請準備の基礎知識
Wechat(微信)公式アカウント登録時の注意点

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…