支払いだけじゃないWechat(微信)の主な機能紹介

私たち日本人にとって正直なところWechat(微信)は馴染みが薄く、
一体どんな機能があるのか漠然としか分からない方が大半なのでは無いでしょうか。

実に機能が多いWechat。
今回はよく利用される主な機能をジャンルに分けてご紹介したいと思います。
紹介する機能以外にも多くの機能が存在しますが、まずは代表的な機能を知り、
今後の公式アカウント導入時のヒントにしてもらえればと思います。
支払いだけじゃないWechat(微信)の主な機能紹介

コミュニケーションツールとしてのWechat

Wechatは元々スマートフォンで友人達とコミュニケーションを実現するためのツール。
そのための文字テキストや音声を送るメッセージ機能、電話のような無料通話機能、
フェイスブック(FB)のように、記事を投稿して友人と共有、
または友人が投稿した記事を読む機能があります。

公式アカウントから定期的にメッセージや画像を送信する機能は、
文字テキストや音声を送るメッセージ機能の一つに含まれます。

また、Wechatが開発された中国という国を反映した機能として「紅包送信」があります。
この「紅包送信」は非常に特色のある機能ですので、また改めてご紹介します。

外部とのインターフェースとしてのWechat

友人とWechatを共有する際に検索機能を使って友人のIDを探す事もできますが、
Wechat内にあるユーザーIDのQRコードをスマートフォンに搭載してあるカメラで
「スキャン」するとユーザー登録が完了できます。

このQRコードのスキャンは、支払い機能でも利用する機会が多いですし、
ユーザーIDのスキャンと同じく公式アカウントのQRコードをスキャンするなど、
外部インターフェース機能として無くてはならない大切な機能です。

シェイク」とは携帯を実際に振ること。
このシェイクを使って新しい友人探し、アクティビティ発動をさせる機能などとして
利用することができます。

新しい友人探しとしては、同じタイミングで「シェイク」をした人同士をWechat上で表示。
興味があれば連絡を取り合うという事が可能です。

またアクティビティ発動としては、店舗内の決まった範囲で「シェイク」を行うと、
デジタルクーポンが発行されて店舗のお買い物で利用ができます。

また春節(旧正月)が近くなると「紅包(ラッキーマネー)」と呼ばれるご祝儀を、
店舗で準備しており買い物時にWechatで支払いを済ませると、
「シェイク」をすることで「紅包」を入手できたり、
Wechatの支払いを済ませると無条件で「紅包」を入手できたりします。

電子マネー機能としてのWechat

20代30代の若年層を中心に高い支持を受けているWecatの電子マネー機能。
銀行口座よりWechatへ電子マネーをチャージしておき、
Wechat支払い対応のコンビニや小売店舗で支払いを行う事ができます。

多くの企業・団体・政府関係からも絶大な支持を受けており、
タクシーでの支払いや列車の予約・支払い、水道光熱費などの公共料金の支払い、
Wechat提供の有料ゲームの支払いなども電子マネーで決済させることが可能です。

※「中国人の爆買いを支えるWechatマイウォレット機能紹介」も併せてご覧下さい。

ハード機器インターフェース機能としてのWechat

外部インターフェースのもう一つの面として、ハード機器との接続機能も、
Wechatの大きな特徴です。白物家電やヘルスケア製品などのハード機器と
インターネットを通じてWechatを接続。遠く離れた場所からも家電の操作が可能です。

※「付加価値ある機能で新しい風を。スマートエアコン」や「ヘルスケア製品の遠隔操作で離れて暮らす家族に新しい絆を」等も併せてご覧下さい

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…