Wechat O2Oビジネスで集客と商店街活性化

Wechat O2Oビジネスで集客と商店街活性化

湖南省長沙市天心区において、「Wechatスマート天心商圏」と銘打った、
Wechatを使った試みが始動されました。

Wechatを全面活用するため商圏内の店舗がネット環境を全開通、
消費者に対して「衣・食・住・遊」の一体型をコンセプトに
消費シーンの拡大と相乗効果を狙った活動を開始しました。

「長沙Wechatスマート商圏」の発足に伴い、湖南省は「スマート天心」という
Wechat公式アカウントを作成し商圏のネット上でのサービース統一の足がかりとしています。

長沙太平旧市街、坡子街、歩行街とBAR街などの商圏とWechatの支払いを連動。
Wechat商品券」 、「WechatWi-Fiとの連動」 、「Wechatシェイク」等のWechat機能も併せて公開。
商圏内の飲食店、雑貨店、お土産用品、大型スーパー、駐車場、BAR、量販カラオケ、
ネットカフェなど数十の企業が提携を始めています。

消費者はWechatスマート天心商圏に入った際に、街角に提示されている指示に従い、
「シェイク」を行ったり、所定のQRを「スキャン」することでサービス供給を受けられます。
サービス開始後は優待券や抽選ゲームなどの特典を受けることができます。

商店で消費をする際に、直接商店のWechat対応POS機で優待券を利用する事ができ、
同時にWechatの支払い機能を利用することが可能。
支払い処理効率は既存に較べて70%程度向上したという結果です。

Wechatスマート商業構想は、Wechatで提供が可能な各種機能を用いて、
小規模の各店舗間を一気通貫させ一つの大型商圏化と変化させる事ができるため、
非常に理想的な好循環を与えるルート形成と考えます。

このルートは各店舗、ブランド、商品など全てを消費者に対して生の声を直接発信する事ができ、
消費者の情報化の形成も取りやすいため、マーケティングのためのデータ測定が非常に行いやすい手法です。
この基本データを活用すれば、商圏のO2O(※)の整理が可能となり、
更に商圏資源の活用や商圏をビジネスチャンスを増加させることができます。

今回のスマート商店システム導入に併せ動向を計測した結果、一週間の売上額が157%増、
商品券活用は75%増、支払い業務効率化は70%向上、Wechat支払い取引は80%向上との結果となりました。
Wechat O2Oビジネスで集客と商店街活性化
同様の機能を活用すれば、日本へ爆買ツアーに訪れる中国人旅行客に対して、
商店街単位で販促活動、Wechatを使った中国人向けプロモーションが可能となります。
商店街単位、街ぐるみでサービス提供を行なう事で相乗効果、サービスの影響力が高くなり、
手軽なWechat支払いなどでの購買チャンスが拡大することとなります。

※O2O(Online to Offline)
仮想的、バーチャルなネット環境(オンライン)から、
ネット外の現実(オフライン)への行動を促す施策、
オンライン情報を元に現実に購買刺激を与えるような施策

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…