振る!Wechat(微信)シェイク基本利用と集客活用術

Wechat(微信)の機能の一つに「シェイク」と呼ばれる機能があります。
このシェイク機能の一般的な利用方法のご紹介と、
「シェイク機能」で中国人の集客に活用した方法をご紹介します。

シェイク機能は実際に携帯を振ることでアクションが発生

そもそも「シェイク機能」とは、どのような場面で利用するのでしょうか。
利用方法の一つとして「友人探し」が上げられます。

Wechat内の手に携帯を持った画面がシェイク機能画面で、
この画面が表示された後に、携帯を実際にシェイクします。

シェイクを行なうと同じタイミングでシェイクした、
Wechatユーザー情報がお互いに送信されます(見ず知らず含む)。
興味を持った相手であれば連絡を取り合うことが可能となります。
シェイクを通じて新しい出会いを創出するのが、Wechatシェイク機能の代表的な利用方法です。

振る!Wechat(微信)シェイク基本利用と集客活用術001

シェイク機能で紅包(ラッキーマネー)をゲット!

中国国内でも利用がされている機能として「紅包」を獲得するために、
アクティビティの一つとして、シェイク機能を活用することです。
この機能は日本旅行客向けにも現在、利用されています。

具体的には店舗内の所定箇所でシェイク機能を行なうと、
店舗に準備してあるBluetooth(ブルートゥース)機器がWechatと連動。

スマフォが機器と連動した後にスマフォを実際に振ると、
Wechat紅包がスマフォに送信されます。

紅包については以前「Wechat紅包(ラッキーマネー)を使った集客モデル」でも、
ご紹介しましたが、紅包の獲得額が高額であることも重要であるものの、
アクティビティの一つとして紅包を獲得することができ、開封するまでのドキドキ感と、
友人同士で高揚した気持ちを、分かち合って話すネタになる事が中国人に取っては有意義であり、
楽しい瞬間の一つなのです。

Wechatのシェイク機能は、友人探しや集客に関するキャンペーンの紅包を入手するために、
利用ユーザーが自ら行動を起こす事ができる、機能の一つという事になります。

振る!Wechat(微信)シェイク基本利用と集客活用術002

集客に関する記事は以下からご覧ください

Wechat O2Oビジネスで集客と商店街活性化
Wechatフォロアー集客とモーメンツの関係性

シェイクを使ったWeChat運用についてはコチラから

Wechat紅包(ラッキーマネー)を使った集客モデル
WeChat微信ビーコンを活用したイベント集客術のご紹介
水族館館内をアナウンス。WeChat微信ビーコン活用術

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…