微信公式アカウント内で出店できるECサイト「微店」の紹介

微信(Wechat)の公式アカウントですが、記事配信やアンケートなどの機能以外にも、
公式アカウントを使ったECサイトを運営することができます。
その名も「微店(wei dian)ウェイディェン」

中国語の「微信(wei xin)ウェイシン」と「商店(shang dian)シャンディェン」から、
それぞれ一文字とって出来た名前のようですが、実際に運営を行なうにあたって、
どのような方法で利用されるのでしょうか。
ユーザーのスマホで気軽にショッピングが楽しめる「微店」のご紹介です。

スマホで簡単に自社製品の販売が可能

「微店」のカンタンな構成として、サービスアカウントを開設し、
公式アカウント内にメニューや商品紹介ページを作成、
アカウントのフォロアーである消費ユーザーに対して、
商品紹介の記事の配信を通じて商品販売を行います。

ユーザーは公式アカウント内でショッピングを済ませると、
一般的なECサイトと同様に、注文した商品の決済を行い、
商品が配達され手元に届く流れになります。

この決済の部分はWechat内での仕組みなので、
Wechatマイウォレット決済が利用可能。
微信公式アカウント内で出店できるECサイト「微店」の紹介01

公式アカウント内の画面構成としては、
アカウントのトップ画面に表示されるメニュー内に、販売したい商品一覧を表示。
メニューは親メニューから子メニューと階層化した画面作成が可能です。

メニューから選択された商品名称を選択すると、
選択された商品が更に分かる明細画面が表示されます。
商品情報を確認して気に入った商品が見つかった場合は、
オーダー発注画面に進みます。

オーダー発注で確定を行なうと、支払い画面へと進み
パスワードを入力して、商品購入完了となります。

皆さんが日本でスマホを活用して物販購入を行うイメージで、
微信(Wechat)で商品購入が楽しめるのです。
微信公式アカウント内で出店できるECサイト「微店」の紹介02

微店開設のまとめ

微店を開設する際には、少なくとも以下のような準備が必要です。
個人での開設はできませんので、その点はご注意を。

・公式アカウント開設(サービスアカウント)
・企業の銀行口座の開設
・商品画像、商品アピールのキャッチコピーを準備
・公式アカウントにメニューを設定、各商品への紹介ページ作成
・定期的に商品情報を公式アカウントで配信

※弊社では個人でのご利用のサービス提供、質疑応答には受け付けておりません。

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


Wechat-labのご提供サービス


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2017.10.21

    トレース情報を微信WeChatで開示。食の安心を見える化に。

    日本で商品の品質管理問題がニュースを賑わしていますが、品質管理の問題を収束させる場合に商品トレー…
  2. 2017.09.18

    微信WeChat集客術。忍者アトラクションでステッカーゲット。

    中国を含めた華僑に人気がある日本のアトラクションの一つに忍者屋敷があります。そんな人気の忍者屋敷…
  3. 2017.09.14

    偽造防止とIot化に一役。微信製造トレースをご紹介。

    弊社が実際に顧客導入して運用している「WeChat(微信)」と工程管理システムを連動した、偽造防…